トゥレット症候群に関する論文

トゥレット症候群について執筆した我々の論文が、Journal of Clinical Neuroscience誌に出版されました。トゥレット症候群および慢性チック障害の患者さんのチックが、閉口経鼻深呼吸という方法で、直ちに著しく軽減・減少する反応を見つけ、Nasal Airway Respiration Anti-tic effect (NARA効果)と名付けました。

無侵襲・無費用・簡便・即時的な方法でチックが著減するため、病因にも関係する可能性が高いと思われます。

今後、この反応を活かした診療がトゥレット症候群の希望の光になることを願っています。

Deep Slow Nasal Respiration With Tight Lip Closure for Immediate Attenuation of Severe Tics – PubMed

Our findings indicate that deep slow nasal respiration with tight lip closure ameliorates tics in patients with TS/CTD. In accordance with our results, lip opening and oral breathing could be causes of tics, in addition to heritability. Therefore, this novel procedure could improve tics. Furthermore …

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です